上位職へのキャリアアップと収入の関係

システムエンジニアは現場経験を積んでキャリアアップを行うと飛躍的に収入を上げられます。システム開発を現場で担っているシステムエンジニアの働き方は、あくまでキャリアという観点では登竜門であり、そこから高みを目指していくことによってIT業界でよく知られているような高収入を目指せるのです。現場での開発の仕事はIT業界における開発の全体像を理解するためのプロセスになっていて、知識や技術と経験を積むための場所となっています。そのため、厳しい競争の中で迅速な開発を求められる職場環境に置かれているにもかかわらず、現場にいるうちは収入面では伸び悩む傾向があるのが実情です。

しかし、その経験を生かしてキャリアアップをすると一千万円クラスの年収を目指せるようになります。企業内で管理職になったり、転職をして管理職としてヘッドハンティングをしてもらえたりするとこのような年収の向上が可能です。また、需要も高くて必要とされる知識や技術、経験も多いコンサルタントについても同じレベルでの収入が得られます。このような職種になると働き方にも大きな違いが生じるので注意が必要です。

現場での開発業務に携わることはなくなり、基本的にはより上流の仕事をするようになります。管理職であればマネジメントが基本業務になり、コンサルタントではクライアントとのやり取りによって利益を生み出せる取引をするのが中心的な業務になるのが一般的です。利益に直結する最も重みのある業務に携わる働き方だからこそ対価となる収入も大きくなっています。